夢占いと夢で会えたら

ほぼ毎日夢占いのサイトをチェックしている。占いが目的というより、自分がその時どんな精神状態だったかを知るために。よく当たるし面白い。(あくまで個人的な感想)

例えば、夢の中に猫が出てきたとする。猫は『気まぐれな・意地悪な女性』を表すらしい。職場の先輩(女性)と仕事上のいざこざで変な雰囲気になった日の夜、夢に猫が出てきた。これが子猫や黒猫だとまた意味合いが変わるとのこと。

買い物をしている夢をよく見るが、これは『何かを吸収したい・取り入れたいという気持ちの現れ』を意味するという。何故か私の場合は毎回レジまで辿り着かない。壁も床も真っ赤だったり、海外のショッピングモールのような行った事も見た事もない架空のお店で品物を楽しく選んで、たくさんカゴに入れたところで目が覚める。これを私は『やりたい事や学びたい事はたくさんあっても、あれもこれもといっぺんに手を出さないようにしましょう』というように解釈している。無理矢理感強め。

 

夢に関してもう一つ。あまり信じてもらえなさそうで周りの人達には話していない事。

身内が突然亡くなり、初七日・四十九日・一周忌の朝に見た夢にその故人が出てきた。故人が出てくる夢は、その人への強い気持ちの現れだという。

私と家族は死に目に立ち会うことができなかった。急いで病院へ向かっている最中、たった一人で旅立っていってしまったのだ。苦しかっただろう、寂しかっただろう、最後に手を握って声を掛けてあげたかった。私は今もずっと後悔している。

初七日に見たのは彼が自分のきょうだい達と一緒に私の勤める会社に突然訪ねてきて来た夢。四十九日に見た夢は、昔住んでいた家の庭で彼とすれ違う夢だった。どちらも夢の中での私は彼が亡くなってしまっている事を忘れ、普通に生きていた頃と同じように接していた。その後も時々夢に出てきてはいたが、毎回私は彼の死に気付く事なく向こうもそんな素振りを見せず、目が覚めてからなんともいえない切ないような寂しいようなひんやりした気持ちになっていた。

そして一周忌の朝に見た夢。彼が亡くなるまで住んでいた家の茶の間。大きな窓の先には小さな庭があり、そこに彼はいた。茶の間で立ちすくむ私に『これ!見てみろ!早く来いって!早く!』と言いながら何故かレンガを1個持っている。ものすごい笑顔で。私は涙ぐんでそこから動くことができなかった。夢の中の私は彼の死を理解していたのだ。どうしてここにいるんだろう。死んでしまったのに、なんで。よく見ると彼は若い姿をしていた。80代で亡くなったのだが、50代後半~60代くらいの頃の、私が小さい頃の彼の姿。棺にも入れた一番お気に入りだったワインレッドのシャツを着ている。

『いいから来いって!』と執拗にレンガを見せたがる彼に一歩ずつ近付き、私の口から無意識にこんな言葉が出た。

 

「じいちゃん、これからも側にいてくれる?」

 

そうすると祖父はいつものようにニカッと笑い、差し出した私の手を強く握り返してくれた。

 

 

けたたましい機械音に驚き、目が覚めた。目覚まし時計代わりに使っているガラケーの充電がなくなった音だった。外はまだ薄暗い。早朝なんだろう。まだ電池残ってたはずなんだけどな、と寝ぼけ眼でガラケーの電源を落とし再び眠りに付いた。

 

夢は見なかった。

 

 

泣ける話風に綴ってみたけど、実際は笑顔でしつこくレンガを見せたがる行為の意味がわからなすぎて今でもじわじわ笑いがこみ上げる。生前もなかなか豪快なキャラクターだったので驚きはしないが、レンガって。ちなみに夢占いでレンガを検索したがヒットせず。ますます謎。

今度夢で会った時はその意味が聞けたらいいな。

 

 

↓そんなレンガじじいを思い出してしまう歌。歌詞が素敵。

www.youtube.com

 

次回こそはマンソンについて書きたいです。

はじめましてと山内の惠ちゃん

この度、はてなブログさんでブログを開設したさかなです。『クン』でも『天国』でもない普通の人間です。毒舌占いもできません。

趣味(主に音楽)や日常(過去や未来)のあれこれを綴っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ところでここしばらく山内惠介がアツい(個人的に)。今更ながらここ数ヶ月ですっかり夢中になってしまった。このままだとサイリウムとうちわを持ってコンサートに行ってしまう勢いだ。握手会にも並んでしまうかもしれない。

きっかけはスカパーで見た『惠音楽会』だった。いつもは演歌歌手特有の派手めもしくはつるつるしたスーツ姿の彼が、このコンサートではTシャツにジャケット、ジーンズというカジュアルなスタイルでカバー曲を披露している。特に素晴らしかったのはクレイジーケンバンドの『タイガー&ドラゴン』だ。しびれた。たまらない。森山直太朗の『さくら』や『モニカ』も良かったし『東京砂漠』も良かった。歌声を聞いたことがある人ならより伝わりやすいと思うけど、彼はどのカバー曲も“あの声”のままで歌う。歌い方や声色をオリジナルに寄せることは一切せずに、あの声・あのこぶし回しで、Tシャツ姿で汗だくになりながら、演歌歌手がJ-POPやロックを歌う。ヘタすればミスマッチに聞こえる(そういえば昔、島倉千代子さんがThe BeatlesのYellow Submarineを歌っている映像を見た時は色々と複雑な気持ちになった)というか、夜もヒッパレ!感がどうしても出てしまうところを山内惠介山内惠介のままで演歌以外の曲でもその魅力を存分に輝かせていた。すごい。かっこいい。これがアーティストなんだと思った。

もちろん、彼の魅力は持ち歌でも存分に楽しめる。2001年にデビューしているので、曲数も多い。それにしても、好きになった・気になりだしたアーティストの曲やPVを漁るのはなんでこんなにワクワクドキドキするんだろう。楽しいなー。

個人的にはベタすぎて大変申し訳ないが代表曲『スポットライト』の二番が大好き。

 

涙という字の 右側に 

戻るという字が 隠れてる 

君の涙は 僕が拭く 

何度もあるよ 迷い道 

戻っておいでよ この胸に

 

このフレーズを歌う歌声、表情が本当に素敵。ここだけでうちわ2、3本作れてしまう。光る腕輪ボキボキ折っちゃう。

ブログでファンの手拍子のことを『皆さまのお手拍子』と丁寧に書くところも大好き。

PVや歌番組もいいけど、やっぱりコンサートで体感したい。あぁ、いつか生で聞きたいな。

 

 

次回は同じく大好きなマリリン・マンソンについて書けたらいいなと思っています。